レトルト専門店「にしきや」のこだわり

1. 無添加

1. 無添加

無添加でも、おいしくなければ意味がないと、にしきやは考えています。それは、料理をつくるのと同じ気持ちで、レトルト食品をつくっているから。 しかし、「本物のおいしさ」を追求していくと、たどり着いたのは、素材の味を活かす「化学調味料無添加」での食品づくりでした。おいしさへのこだわりが、からだにやさしい無添加レトルトを生み出しています。
2. 素材選び

2. 素材選び

素材本来の味わい、香り、色を活かした商品をつくりたくて、納得のいくまで、おいしい素材を選んでいます。
3、原材料

3、原材料

水や塩は、すべての商品に使われる大切な原材料です。 特に、カレーのソースやスープのブイヨンなどにたっぷり使われる水は、10年がかりで開発した浄水器で浄水した水を使っています。そして塩は、 沖縄産のシママース。天日塩を沖縄の海水で溶かし、平釜でじっくりと煮つめて作られるため、ミネラルがたっぷり。素材のおいしさを引き立てます。

4、パウチの研究

4、パウチの研究

商品の中でも、酸化によって味わいが変わりやすいものには、特別なパウチを使っています。 レトルトパウチのフィルム層の間に酸素を吸収する素材を練りこんだ「脱酸素包材」で、ソースなどに溶け込んだわずかな空気の酸素による酸化を防ぎ、できたての風味を守ります。商品のおいしさをそのまま、食卓へとお届けするためのこだわりです。

多彩な味が楽しめる!にしきやの「カレー」

多彩な味が楽しめる!にしきやの本格カレー

レトルトの常識を覆す、バラエティ豊かなごちそうレトルトカレー。 レトルトのイメージを変えるワクワクするカレーや、意外な組み合わせでこれまでになかった味、パッケージのデザインまで、楽しく食事をしていただけるようにトコトンこだわりました。(写真上:ジンジャーポークカレー) レモンの風味と生クリームが絶妙なレモンクリームチキンカレーをはじめ、ワインとぴったり合うチーズカレーに、小さなお子様から食べれる子どもカレーなどお子様から大人まで誰でも美味しく楽しめます。素材にこだわり、 特別な日や贈り物にもオススメです。(写真下:こどもカレー)
多彩な味が楽しめる!にしきやの本格カレー

美味しく味わおう!「インドカレー」

インドのカレー事情 ~組み合わせて食べるのが本場のインド式!~

インドでのカレーとは、日本でいう「おかず」と同じようなもの。日本では1 度の食事で複数のおかずを並べますよね?インドでもそれは同じこと。複数のカレー(おかず)を並べ、一緒に食べる“定食スタイル” が一般的です。北インドでは「ターリー」、南インドでは「ミールス」と呼ばれ、組み合わせる事で食事のバランスを取っています(日本と同じですね!)。 にしきやがオススメするカレーの数の目安は“人数+1つ”。ごはんやパン、チャパティ(インドの薄焼きパン)と一緒にどうぞ。

本場の味わい~現地の調理法そのまま~

にしきやのインドカレー開発チームは本場の味を追求し、毎年インドに行って現地の味を確認してから商品作りをしています。インドで出会った本場の味を出すために、調理法も現地そのまま。例えば、小麦粉を使わず素材そのものでとろみをつけています。スパイスのブレンドを自分たちで行うのはもちろんのこと、材料が日本で調達できない場合は、その材料から作っています。 こだわりの本場の味わいをじっくりとお楽しみ下さい。

2つの入り口 ~北インドと南インドカレーの特徴~

北インド:

乳製品などを使った濃厚でリッチな味わい。パンに合うものが多くなっています。

南インド:

ココナッツやカレーリーフが香る辛口の味わい。「タマリンド」というマメ科の植物で酸味を加えるのも特徴。 ゴハンに合うものが多いです。
多彩な味が楽しめる!にしきやの本格カレー
にしきやとは

ごちそうレトルト専門店「にしきや」とは

にしきやは、杜の都仙台から南へ18Km先にある宮城県岩沼市の四季・自然豊かな環境に工場を構えるごちそうレトルト専門店です。 「おいしく食事を楽しんでいただく」をコンセプトに食を楽しむごちそうレトルトをつくっています。


[閉じる]