オーラル・デンタルケアSALE!

新入荷&お得商品

「かたさ/やわらかめ」の歯ブラシをもっと見る

かたさ/ふつう~かため

「かたさ/ふつう~かため」の歯ブラシをもっと見る

サイズ/コンパクト~ふつう

「サイズ/コンパクト~ふつう」の歯ブラシをもっと見る

サイズ/大き目ヘッド

「サイズ/大き目ヘッド」の歯ブラシをもっと見る

電動歯ブラシ・トラベルセット

「電動歯ブラシ・トラベルセット」関連商品をもっと見る

子ども用

歯ブラシ選び方ガイド

歯ブラシ選びの「3つのポイント」

歯ブラシは、次の「3つのポイント」を考慮して選びましょう。

1 使用する「目的」 2 自分にあった「ヘッドの大きさ」 3 歯茎の状態にあわせた「毛のかたさ」

まず、使用する「目的」にあわせて歯ブラシを選び、次にお口の状態や歯茎の状態に応じて、
「ヘッドの大きさ」や「毛のかたさ」を選んでいきます。

歯ブラシの「特長」を知って選ぶ

歯ブラシを使う目的は、歯や歯と歯茎の隙間などの汚れを落とすことです。
そのため、歯ブラシは歯磨きの基本である
「毛先を歯面にきちんとあて、軽い力で小刻みに動かして磨く」動作が
しやすいように設計されています。

歯ブラシによって、「奥歯が磨きやすい」「歯周ポケットが磨きやすい」など、「特長」があるので、
製品の表示をよく読んで使用する目的に合ったものを選びましょう。

1 「目的」に合わせた選び方

では、具体的な「目的」に合わせて、どのような歯ブラシを選べばよいかご紹介しましょう。

1. 「むし歯(虫歯)を予防したい」「歯を白くしたい」という場合
「むし歯(虫歯)を予防したい」「歯を白くしたい」という場合

「むし歯を予防したい」「歯を白くしたい」という場合には、歯の汚れを落とすことが重要です。

「歯科医推奨設計」と書かれた製品であれば、歯科医がすすめる「つま先磨き」や「かかと磨き」がしやすく、どんな歯並びにも対応できる設計になっています。

2. 特に「奥歯をケアしたい」という場合
特に「奥歯をケアしたい」という場合

奥歯は歯ブラシが届きにくいため、むし歯や歯周病になりやすい歯でもあります。「奥歯をケアしたい」場合には、奥歯の奥にまで届きやすい、ヘッドがコンパクトな歯ブラシが適しています。
ヘッドが小さいだけでなく、口に入る部分の体積全体が小さいことが重要なので、ヘッドが薄く、ネックも細い歯ブラシがオススメです。

3. 「歯周病が気になる」という場合
「歯周病が気になる」という場合

歯周病予防には、歯と歯茎の境目をキレイにすることが大切です。そのため、「歯周病が気になる」方は、毛先に向かって細くなるような加工がされた毛、なかでも「超極細毛」なら、歯と歯茎の境目に無理なく入り、効果的に汚れを除去できます。

4. 「歯茎もマッサージ」したい場合
「歯茎もマッサージ」したい場合

歯茎の健康のためには、歯磨きの際に「歯茎もマッサージ」することがオススメです。マッサージには、歯茎にフィットするようにドーム形状に設計された、やわらかくて弾力のある毛の歯ブラシが適しています。

5. 「歯と歯の間の磨き残しが気になる」という場合
「歯と歯の間の磨き残しが気になる」という場合

「歯と歯の間の磨き残しが気になる」人は、歯と歯の間にフィットする、山切りカットの歯ブラシがいいでしょう。

2 自分にあった「ヘッドの大きさ」の選び方

自分にあった「ヘッドの大きさ」の選び方

歯ブラシの「ヘッドの大きさ」は、自分にあった大きさのものを選びましょう。

「歯並びが気になる」「隅々までていねいに磨きたい」という人は、小さめのヘッドを選ぶようにしましょう。歯ブラシのヘッドの横幅にも気を配りましょう。歯と歯茎の境目を意識して、細かく磨くためには細めのヘッドが適しています。
一方、ヘッドの横幅が広めの方が、歯面に対して安定するので使いやすい場合があります。いろいろと試して使いやすい歯ブラシを見つけて下さい。

3 歯茎の状態に合わせた「毛のかたさ」の選び方

歯ブラシの「毛のかたさ」は、以下のように「歯茎の状態」にあわせて選びましょう。

1. ふつう

歯茎の状態が健康ならば「ふつう」の毛のかたさを選びましょう。

2. やわらかめ

歯肉炎などで歯茎から出血しやすい場合は、「やわらかめ」の歯ブラシを選び、ていねいにブラッシングしてください。歯茎の出血などが改善したら「ふつう」のかたさの歯ブラシにかえていきましょう。

3. かため

「かため」の歯ブラシは、汚れを落とす力は高いですが、歯茎を傷めないように注意して磨いてください。

出典元:自分に最適な「歯ブラシ」の選び方 | Lidea(リディア)

上に戻る

上に戻る



[閉じる]