紅茶のおいしいいれ方 -How to Make Tea-

いつもの紅茶も、ちょっとしたポイントを押さえることで、より豊かな香りと風味がたのしめます。ストレートはもちろん、アレンジレシピの味わいも格段にアップする、手軽でおいしいひと工夫をご紹介します。

ティーバッグ -Tea Bag- ティーバッグでも、基本のルールを守って、香り高くおいしい紅茶をたのしみましょう。ポットを使えばより本格的な味わいに。

POINT

  • ティーバッグは1袋でカップ1杯が基本です。
  • 沸騰直後の熱湯を使いましょう。
  • しっかりと蒸らしましょう。
  • ティーバッグはスプーンで押したりせず、軽く振って、静かに取り出しましょう。

手順

1

カップとポットを湯通しし、あらかじめ温めておきます。

2

沸騰したお湯を数杯分注ぎ、人数分のティー バッグをそっと入れます(ティー バッグ1袋でカップ1杯分)。すぐにフタをして蒸らします。
蒸らす時間は製品箱やティータグに記載されている抽出時間を参考にしてください。
カップでいれる場合は、ソーサーを裏返してカップにかぶせて蒸らしましょう。

3

そっと数回振って、ティー バッグを静かに取り出します。温めておいたカップに注げば、香り高い紅茶の出来上がりです。

リーフ ティー -Leaf Tea- 紅茶は、いれ方次第でグンと香りよく、美味しくなります。ちょっとしたコツを覚えて、紅茶の楽しみを広げてください。

POINT

  • ポットを使いましょう。
  • 茶葉はティー スプーンで正確に計りましょう。
  • 沸騰直後の熱湯を使いましょう。
  • しっかりと蒸らしましょう。

手順

1

ポットとカップを湯通しし、あらかじめ温めておきます。

2

ポットに人数分の茶葉を入れます。茶葉の量は、カップ1杯あたりティー スプーン1杯(2.5~3g)が目安です。
茶葉の量は、オレンジ ペコなどの大きめの茶葉なら山盛り1杯、ブロークン タイプの細かい茶葉なら中盛り1杯を目安に。

3

ポットに沸騰したお湯を杯数分注ぎ、すぐにフタをして蒸らします。細かい茶葉は2分半~3分、大きい茶葉は3~4分が目安です。
※おいしい紅茶をいれるには、温度を下げないことがポイント。ポット内の温度を下げないよう、「ティー コジー(布製の保温カバー)」をかぶせることをオススメします。

4

ポットの中をスプーンで葉をおこすように軽く混ぜ、ポットからカップへ、茶こしを使って紅茶を注ぎ分けます。
濃さが均一になるようにすべてのカップに平均的に注ぎ分けます。「ベストドロップ」と呼ばれる最後の一滴まで注ぎましょう。

王室御用達 -The Purveyor to the Royal Household-

画期的な試みと質の高さで、王室御用達ブランドに

1717年にオープンした英国初の紅茶専門店「ゴールデンライオン」。これがトワイニングの前身です。コーヒーハウスが女人禁止だった時代に、女性の出入りが自由で、茶葉の量り売りも行われたこのお店は、大変画期的でした。また、茶葉の質が常に良好なことや、次々と優雅な香りや味わいを生み出すブレンド技術など、いくつもの功績が認められ、ヴィクトリア女王から王室御用達の称号を授かります。
その後、5年ごとに見直されるという厳しい審査をパスし、母太后、エリザベス女王、チャールズ皇太子と途絶えることなく称号を付与され続けています。

創業当時から現在まで同じ場所に店舗を構えている



[閉じる]