“Rollbahn(ロルバーン)”とは

Rollbahn(ロルバーン)は、旅をイメージした「滑走路」という意味のドイツ語。現在は、ポケット付メモとダイアリーを主軸としたブランドとして知られていますが、もともとは、時計のブランドとして始まりました。

その後、シリーズのひとつとして「ロルバーンポケット付メモ」が誕生。コンセプトはノートではなく、ミシン目で切り離して、貼る、保管する、人に渡すことを想定した「メモ」。
デザインは色展開以外、2001年の誕生から今でも変わっていません。

当初は中国で生産していたロルバーンですが、2004年に日本国内生産へと移行。2011年にはメーカー、デルフォニックスの直営店がパリにオープンしたことも相まって、「メイド・イン・ジャパン」の細やかな仕上がりが評価され、ヨーロッパでも愛されるようになりました。



[閉じる]