無印良品のタオル

毎日のくらしの中での
タオルの使い心地を第一に考えました。

拭く
何と言ってもまずは拭き心地。体を拭く、手を拭くなど用途によって求めるものは人それぞれ。どんなタオルでも吸水性、弾力性の良いものは使い心地が良いものです。
洗う・干す
洗濯頻度の高いタオル。1回の洗濯で何枚洗うか、どのくらい干すのか、くらしに合わせたタオル選びが大切です。
たたむ・しまう
タオルの収納。用途に応じて取り出しやすく、美しくしまいたい。収納場所も考えて、厚みや、サイズも選びたいものです。

自分にあったタオルを選べるように、
厚みとサイズを揃えました。

オーガニックコットンしなやかタオル・厚手

  • ボリューム感と吸水力。
    ボリューム感があり、たっぷり吸水できるロングパイルが特長です。
    上質なオーガニックコットンの心地良い肌触りを存分に味わえるタオルです。

上に戻る

オーガニックコットン混しなやかタオル・中厚手

  • バランスの良さとふわふわ感。
    普段使いにほどよい厚みと、吸水量が特長のバランスの良いタオルです。
    ふっくらとやわらかな肌触りが楽しめます。

上に戻る

オーガニックコットン混しなやかタオル・薄手

  • 乾きやすく、かさばらない。
    かさばらずにコンパクトに収納でき、薄手なので、早く乾きます。
    旅や、出張時に、携帯用としても便利です。

上に戻る

オーガニックコットンワッフルタオル・薄手

  • 毛羽落ちしにくく、乾きやすい。
    ワッフル菓子が由来のワッフル織は、適度な厚みと、
    凹凸がつくり出す、さらりとした肌触りが特徴です。

上に戻る

オーガニックコットン混その次があるタオル

  • 最後はラインに沿ってカットすれば、ぞうきんなどに再利用。
    繊維の長い綿糸を使い織組織を工夫して、凹凸のある畦織にしました。
    肌にさらりと心地良く、乾きやすいのも特長です。

上に戻る

巻いて結べる長タオル・極薄手

  • 首や頭に巻いたり、結んで使えます
    片面パイルで乾きやすく仕上げました。
    洗い替えにぴったりの、2枚セットです。

上に戻る

  • めざしたのは、
    ずっとしなやかな肌触り

    吸水性がよく、弾力があり、生地がやわらかい。
    毎日使っても、何度洗っても、
    肌触り、拭き心地の良さを実感できるタオルをつくりたい。
    まずはコットン選びから、糸にして、織って、縫製して
    一つひとつの工程を大切に、しなやかなタオルは出来あがりました。

コットン畑から、長い長い道のりを経て
「しなやかタオル」は出来あがります。

まずはコットン選びから

しなやかタオルのコットンは、繊維が細く、長い、タオルに適したオーガニックコットンです。ひとつひとつ人の手で摘み取った、大地の栄養を十分に吸収したコットンは、タオル耐久性を向上させてくれます。

秋から冬にかけて人の手でひとつずつ丁寧に摘み取ります。コットンボールが大きく、取りたてからやわらかです。

丈夫でしなやかな糸をつくる

繊維の長いコットンは、強く撚りをかけなくても、耐久性のある糸になり、コットン本来のしなやかさを保った糸になります。

コットンの葉カス等を除去し、何度も梳いては引き伸ばし、紐状にします。その後、細く引き伸ばし撚りをかけて糸になります。

弾力性のある生地に織り上げる

糸の太さ、密度、パイルの長さを追求し、最適なバランスで生地を織り上げます。1枚1枚縫製されたタオルは、その後の入念なチェックもかかせません。

織り上げたタオルは、生地仕上げの後、裁断し、縫製します。出荷前は1枚1枚広げて、点検します。

より長くお使いいただくための
毎日のお手入れのコツ

洗い方

ご利用前に一度水洗いしていただくと、吸水性がアップします。素材の特性上、柔軟剤を使いすぎると毛羽落ちしやすくなったり、
吸水性の低下につながることがありますので、できるだけ柔軟剤のご使用を避けることをおすすめします。固くなってきたと感じたら、少量をお使いください。

干し方

できるだけ直射日光は避け、風通しの良い場所で干すようにしましょう。洗濯機で脱水後、パイルに空気を含ませるようにパタパタと振ってから干すと、
より風合いが長持ちします。

パイルのケア

何かに引っ掛けてパイルが飛び出てしまった場合は、引っ張らずに、その部分の根元をハサミでカットしてください。

無印良品Tポイント10%
無印良品Tポイント10%

無印良品のカテゴリから選ぶ

無印良品のカテゴリから選ぶ



[閉じる]