柳宗理デザイン

TOPへ

鉄フライパンの焼き込み

焼き込み

1.
本体を食器用洗剤とスポンジにて洗い、表面のごみ等を洗い流してください。またその後洗剤分を洗い流したあと水気をふき取ってください。
2.
フライパンをコンロの上に載せ、中火にて加熱を始めてください。フライパンが暖まりましたら火力を強火にしてください。初めから強火で加熱しますとフライパンが変形する恐れがあります。ご注意ください。焼き込みをしている間は、塗装が気化して匂いがしますので、換気をしながら行ってください。
3.
中央部から塗装が気化して紺色もしくは黒色から薄い青色に変化していきます。バーナーの直径によっては五徳の上に放置しておくだけでフライパンのふちの部分まで塗装を除去することができるものもありますが、中央部のみで除去がとまってしまうものもあります。その場合はフライパンを動かし、塗装の残っている部分を炎に当ててやるようにしてください。
  • 火傷や衣類への燃え移り等、十分にご注意ください。
  • 樹脂ハンドル部をこがさぬようご注意ください。
4.
塗装の除去が終了しましたら、そのまま五徳の上で冷ましてください。また冷えましたら食器用洗剤とスポンジにて洗い、水で良く洗い流したあと水気をふき取ってください。
※塗装除去後、急激に水で冷やしますと水が熱湯となってはじけ飛びますので大変危険です。
 またフライパンが変形する危険がありますのでお避けください。
※塗装を除去した状態で何日も放置しておきますと錆びが発生してくる可能性があります。
 すみやかに次の工程へ進んでいただけますようにお願いします。

水分を乾燥させた後、フライパンの内側、外側とも油を薄く塗ってください。
(使用時、外側の油が燃えることはありませんのでご安心ください。逆に塗っていただかないと、そこからサビが発生する可能性があります。)
その後、フライパンが冷めていることを確認してから収納ください。
すぐにお使いいただく場合は、油を塗ったあと、予熱から調理を始めてください。

鉄フライパンのお手入れ

鉄フライパンのお手入れ

使用後はなるべくお湯とたわし、ささらのみで洗い、水気をふきとり遠火にかけるなどして乾燥させてください。

汚れがひどく洗剤を使用する場合は、洗浄してよく乾燥させたあと全体に薄く油を塗ってから保存してください。
特に使い始めて間もない頃(5から10回位まで)は、表面の油が良くなじんでいませんので、洗浄したときは必ず油を塗って保管ください。

焦げ付きやサビが発生した時はクレンザーや金属たわし等できれいに取り除いてください。銀色の材料色が見えるまで磨いても構いません。
その後こすり落としたクズ等を良く洗い落とし再度「焼き込み」をし、油を馴染ませてからお使いください。

修理・メンテナンスの詳細はこちら<外部リンク>



[閉じる]