【ご報告】熊本地震で被災された方への ご支援ありがとうございました。

 LOHACO応援ギフト便 / 【熊本地震】仮設住宅入居者向け応援セット版
 ご支援への御礼とお届けのご報告について(2016/12/22)



アスクルとヤフーで熊本地震の被災者を応援・支援する取り組みとして、2016/4/28から開始した
「LOHACO応援ギフト便」へ、ご関心・ご参加・ご協力をくださった皆さま、誠にありがとうございます。


皆さまのご支援のおかげで、新たに始まる生活の中で使っていただけるような生活消耗品を「新生活支援セット」として、お届けすることができました。



*写真は、2016年8~9月に現地仮設住宅へ応援セットを配布した際のものです。


 ■ご支援・お届けの状況(2016/8/13~11/6まで)

   〇 お届けした支援商品 : 新生活支援セット 合計300セット

     * 8種類の商品の詰め合わせ(水、ティッシュ、キッチン用品など)

   〇 ご支援(ご購入)金額 : 合計 719,400円 (300セット分合計金額)

   〇 お届け先 : 益城町を中心とした仮設住宅・みなし仮設住宅など

     ・(益城町)飯野小仮設団地、馬水仮設団地、馬水東道仮設団地、櫛島仮設団地、

      木山仮設団地、テクノ仮設団地、津森仮設団地、平田仮設団地など

    ・(西原村)小森仮設団地

    ・その他、益城町周辺のみなし仮設住宅でお住まいの方などへ配布いたしました。

    ※ご辞退された方もいらっしゃったため、また、配布のタイミング、入居・引っ越しの状況により、

     上記の仮設団地に入居された方全員への配布とはなっていない点、ご理解・ご容赦ください。

 


■■2016/12/14で熊本地震から8カ月がたちました。

※現地で「LOHACO応援ギフト便」の運営・実施にご協力いただいた
 「チーム熊本」の小笠原様からコメントをいただきましたので掲載させていただきます。


■いま(2016年12月)の熊本現地の状況、チーム熊本の活動について

現地熊本の状況ということでは、この数カ月で仮設住宅への引っ越しも進み、10月から11月には多くの避難所が閉鎖され、次のステップへ進んだと言えます。

ただ、地震で崩れた家屋やガレキなどは、やっと年明け(2017年)の1月から取り壊しや撤去なども進む予定で、大半がまだ「崩れたまま」の状況です。 このため、久々に来られた方には、ガレキの山や崩れた家並み・ブルーシートの様子などを見て、あまり変わっていない・復旧が進んでいないような風景にびっくりされる方もいらっしゃるようです。

実際、復旧段階を経て、被災からの復興ということではやっとこれからスタートという感じもあります。


 



自分の支援活動のベースとなっている団体、「一般社団法人チーム熊本」についても、拠点を熊本市南区に移し、現在も継続して活動中です。

活動内容は、がれき撤去や解体前の家財道具などの運び出しなどの力仕事のほか、仮設団地内での定期的なカフェ開催などを通じて、東北でも問題になった孤独死などの懸念への対策・コミュニティ形成の支援活動も行っています。

現在でも、人数は少なくはなりましたが、日に2人・3人と全国からボランティア応援に来て下さる方もおり、心強く思います。もちろん、これからの応援・支援も大歓迎です。

>(ご参考)(チーム熊本)ボランティアの方へ




■全国の方々にお伝えしたいこと

様々なご支援をいただいた方々にまずは感謝です。


自分自身、震災復興の活動に携わってきて、実感として感じていること、皆さんにお願いしたいことは、「まず、知ってほしい。」ということです。


熊本地震にしても、鳥取や北海道などでの地震・災害にしても同じで、当たり前のことですが、世間での報道が減った後も、現地での生活や、災害からの復興は続いているわけです。

有形無形のご支援を継続いただいている方々にはもちろん感謝、ですが、現地のことをまず知っていただく・関心を持って知ろうとすること自体が、支援になると感じています。




チーム熊本でもボランティアを継続的に募っており、まだできることはあります。

自分自身も、「熊本ヴォルターズ」様と一緒に熊本現地の小中学校へバスケットボール等をお届けする、「バスケットボール支援プロジェクト WINg」に継続して取り組んでいます。

(*こちらへのご支援もお待ちしております!)


知ること、そして、できることを考え、一歩を踏み出すこと。

自分個人としても試行錯誤しながら大きな学びと感謝を感じたこの8カ月でした。

引き続き、皆様のご支援・ご関心を賜りたくよろしくお願いします。


チーム熊本 小笠原 晟一 2016/12/20




【「チーム熊本」について】

名称: 一般社団法人チーム熊本

URL: http://team-kumamoto.com/

本社: 熊本市東区昭和町8-4 株式会社ちかけんプロダクツ内

活動拠点: 〒861-4121 熊本県熊本市南区会富町321-1

     ボランティアビレッジ南区ベース内



 「LOHCAO応援ギフト便」ご支援への御礼とお届けのご報告について(2016/5/25)



アスクルとヤフーで熊本地震の被災者を応援・支援する取り組みとして、2016/4/28から開始した
「LOHACO応援ギフト便」へ、ご関心・ご参加・ご協力をくださった皆さま、誠にありがとうございます。


2016/5/20(金)までに皆さまから応援・ご支援(ご購入)をいただきました支援商品につきましては、すべて、5/22(日)までに、熊本県内の避難場所等へお届けいたしました

*写真は、第1回目(4/28)掲載分を、4/30(土)に現地へお届けした際に撮影した写真の一部です。

 ■ご支援・お届けの状況(2016/4/28~5/20まで)

  ・ご支援(ご購入)金額: 合計 643,167円

  ・お届け先: 熊本県内の計 17箇所

    *主に、益城町、西原村、阿蘇市、熊本市内(東区)等の非公式の避難場所へ

   ・お届けした支援商品: 136種類、2,637商品(セット)、合計170小口

    *飲料、食品、文具、ティッシュ・マスク・バンドエイドなどの衛生用品、ゴミ袋や作業用品など、

      現地からのご要望のあった商品・生活物資をお届けしました。

 

「LOHACO応援ギフト便」は、多様に変わる現地のニーズ・状況をお伺いし、避難場所等のご要望に応じて、

随時、支援商品を掲載・更新しながら、2016年5月中での継続を予定しております。

 

◎現地の様子は以下の記事・URLも合わせてご覧ください。

引き続き、皆様のご支援・ご関心をお寄せいただければ幸いです。

*団体名・役職・肩書き等は掲載時のものです。(2016年12月)



[閉じる]