全品送料無料!(※おせちのみ)全商品売り切れ次第終了です

お届け等に関する注意事項はこちら↓

注目のキーワード

目的から探す

上に戻る

上に戻る

おすすめ! おせちランキング

ロハコ厳選の名店おせちをストア直送でお届けします!

おせち豆知識

そもそもおせちって…? 気になるおせちについて楽しく学べる!

おせちとは・おせちの由来?

おせち料理(御節料理)は、お正月に食べるお祝いの料理です。 おせちはお節供※(おせちく、おせつく)や節会(せちえ)の略であり、中国から伝わった五節供の行事に由来しています。この五節会の儀を、一般庶民がならって御節供を行うようになったものと考えられています。元々は五節句の祝儀料理全てを言いましたが、後に最も重要とされる節日の正月料理を指すようになりました。正月料理は江戸時代の武家作法が中心となって形作られたといわれています。 ※お節供(おせちく):元旦や五節句などの節日を祝うために神様にお供えして食べるもの 地域によって品数は異なりますが、おせち料理の種類は全部で20~30種類にも及びます。 従来のおせちは収穫物の報告感謝の意を込めてその土地でとれたものをお供えしていましたが、暮らしや食文化が豊かになるにつれて山海の幸を盛り込んだごちそうへ変化しました。 日本では昔から奇数のほうが縁起が良いとされてきたので、おせちの品数は基本的に奇数で作られています。偶数は2で割れてしまう=別れてしまうという説や陰陽道の考えで、奇数は陽の数字偶数が陰の数字であるという説など様々な説が存在します。

おせちを食べる理由

お正月は神様を迎えるための祝賀行事で、その際に神様をおもてなしするためにおせちが作られていました。そのおせちを私たちも食べるのは失礼に当たるのではないかと思う方もいるかもしれませんが、日本では昔から神様と一緒に食事をするという考えがあるため、一緒におめでたいおせちをいただきます。 その他にもおせちを食べる理由は様々あり、神様を迎える時期に炊事などで騒がしくしてはいけない、お正月ぐらい女性に休んでほしい、という意味からあらかじめ準備した日持ちする食事(おせち料理)を食べることが習慣になったともいわれています。

組重・重詰め

おせち料理を詰めるのには組重(組になった重箱)を用います。重箱に詰める意味は、めでたさを重ねるという意味で縁起をかついだものです。 おせち料理が重箱に詰めることが一般的になったのは、江戸時代末期から明治時代にかけてのことです。文献より、重箱は室町時代から存在していたことが明らかになっています。 重箱は外を黒塗り、内を朱塗りとしたものが正式とされています。 組重は本来五段重であったともいわれていますが、最近では四段重、三段重が普通となってきています。 四段重は春夏秋冬を表すといわれていることに加え、完全を表す三にさらに一つ重ねる意であるともいわれています。 重詰めの形式には、市松、七宝、八方、段取、升詰、隅取といった形式があり、一つの重の品数は奇数とされています。 関東では隙間なく詰められるのに対して、関西では裏白などを飾りつけながらふんわりと散らしながら詰められていましたが、現在では販売している関西風・京風お節も隙間なくキッチリと詰めるものが多くなりました。

おせち商品のご購入に関する注意事項

■各商品ごとに注文〆切日、お届け日が異なりますので、「商品詳細」または「お買い物カゴ」にてご確認ください。
■沖縄・離島・一部エリアは条件が異なる場合がございますので、「商品詳細」または「お買い物カゴ」にてご確認ください。
■ストアは独自のお支払い、配送料・お届け、返品・交換条件などを設定しており、LOHACOの条件と異なりますので、必ず各ストアの「商品詳細」、「お買い物ガイド」などの内容をご確認ください。
■メーカー・ストア直送品のため、ご注文後のお客様都合による返品・交換・キャンセルは、受け付けておりません。
■お届け日時につきましては、お届け予定メールまたはサイトの購入履歴に記載の配送伝票番号をご確認のうえ、各配送会社にお問い合わせください。
■年末年始は配送が大変混み合うことが予想され、天候および交通事情により、お届けが遅くなったりご指定日に届かない場合もございます。あらかじめご了承ください。
■お届け時に不在等の理由でお受け取りいただけない場合は、商品をメーカー・ストアに返送させていただく場合もございます。なるべくその日のうちに配送会社へ再配達のご連絡をお願い致します。
■商品写真はイメージです。実際の色と若干異なる場合がございます。また諸事情により商品の内容等が変更になる場合がございます。
■数に限りがございますので、お早めにご注文ください。
■保存・解凍方法や賞味期限に関しましては、各商品の「商品詳細」をご確認ください。



[閉じる]