花粉のアレルギー症状にアルガード金のアルガード登場

子供の花粉症が急増中!子どものための花粉症対策

子どものための花粉症対策

国民の20%がかかっているともいわれる花粉症。その割合は年々増え続けていますが、実は、子どもの花粉症患者も増えてきているそうです。
かゆみを我慢できず、目をかいてしまって悪化させてしまうことも多い、子どもの花粉症対策。 こすってより炎症をひどくしてしまわないためにも、目をかゆそうにしていたら、おうちでできるケアとして「目薬」を使ってみましょう。

市販されている花粉などの目のかゆみ・炎症に効果のある目薬は、子どもには刺激が強すぎる場合があります。そのため、刺激が苦手な子どもには、子供向けに作られている目薬を選ぶようにしましょう。

もっと詳しく(外部リンク)>

つらい!かきたい!花粉症の目のかゆみにおすすめ対策

花粉症の目のかゆみにおすすめ対策

コンタクトは外してメガネで過ごそう

花粉症の自覚がある人は、コンタクトは使用せずにメガネで過ごすようにしましょう。 コンタクトに花粉がつくとなかなか取れないため、ゴロゴロと違和感を覚えるようになります。また、レンズ自体が刺激となり、アレルギーを悪化させてしまうこともあります。
花粉が飛散する時期に外出する際も、メガネを着用することで60~70%の花粉をブロックしてくれるといわれています。

目薬や洗眼液などで目をキレイにする

かゆいと感じたときに、目をゴシゴシこすってしまうと充血を悪化させてしまうことがあります。 目薬を使って、かゆみを抑え、気持ちよく過ごしましょう。
また、洗眼液などを使って目を洗うのも効果的です。花粉を洗い流してくれるものや、使い心地がスッキリと爽快感のあるものを使うことがポイントです。

かゆくてつらいときは目を冷やす“しっかりケア”

目のかゆみがひどいときには、冷たいタオルなどで目を冷やしてかゆみを抑えてあげると、つらい症状を緩和できます。 かゆみが全くなくなるわけではないので、あくまで対症療法として覚えておきましょう。
目に直接当てるため、必ず清潔なタオルを使うようにしましょう。冷たい水で濡らしたあと固く絞ったタオルを使うのがオススメです。

もっと詳しく(外部リンク)>



[閉じる]