ハウス食品 元気な穀物 香ばし十五穀

ハウス食品 元気な穀物 香ばし十五穀 1袋

¥398 (税込)

3ポイント

販売単位1個

カゴに入れる

Yahoo! JAPAN IDに新規取得/ログインしてお買い物するとポイントが毎日おトク!

  • 最短翌日お届け
  • ¥1,900以上で基本配送料無料

ハウス食品 元気な穀物 香ばし十五穀


				

  • prev
  • next

  • ハウス食品 元気な穀物 香ばし十五穀
  • ハウス食品 元気な穀物 香ばし十五穀

この商品はLOHACOが販売・発送します。

¥1,900(税込)以上で基本配送料無料

18時までのご注文で最短翌日お届け

日時指定可

未設定(東京都江東区)にお届け

在庫あり

数量

カゴに入れる

シェアする

ハウス食品 元気な穀物 香ばし十五穀 1袋

ストア:LOHACO

¥398 (税込)

この商品の返品について

返品不可

【返品について】お客様のご都合による返品はお受けできません。

※商品の発送時点で、賞味期限まで残り120日以上の商品をお届けします。

※商品の色や質感を出来るだけ忠実に再現するよう心がけていますが実物と若干異なる場合がございます。

※多くのお客様にご利用いただくため、同一のお客様からの大量のご注文、同一のお届け先への大量のご注文は、ご注文のキャンセルをさせていただく場合がございます。

※一緒にご注文する商品、またはお届け地域等により翌日配達ができない場合があります。

ハウス食品 元気な穀物 香ばし十五穀 1袋 の商品説明

ふっくらもちもち香ばしい

商品仕様/スペック

種類

十五穀

ブランド

元気な穀物

原材料原産地

もち米・発芽玄米:国産/黒米:中国産

原材料原産地

もち米・発芽玄米:国産/黒米:中国産

メーカー名

ハウス食品

JANコード

4902402817551

備考

【返品について】お客様のご都合による返品はお受けできません。

ご注意【免責】

アスクル(LOHACO)では、サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合等により、商品規格・仕様(容量、パッケージ、原材料、原産国など)が変更される場合がございます。このため、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございますので、ご使用前には必ずお届けした商品の商品ラベルや注意書きをご確認ください。さらに詳細な商品情報が必要な場合は、メーカー等にお問い合わせください。

◆元気な穀物 香ばし十五穀の特徴

ハウス食品 元気な穀物香ばし十五穀

お米と一緒に炊くだけの、もち米、発芽玄米はじめ十五種類の穀物が入った、2~3合用の穀物ご飯の素です。香ばしく、もちもちとした食感が特徴の、健康的な穀物ご飯が楽しめます。

【15種類の穀物】
もち米、黒米、とうもろこし、小豆、大麦、そば、はと麦、黒豆、黒ごま、白ごま、発芽玄米、ホワイトソルガム、もちあわ、もちきび、アマランサス

◆【十五穀を使ったレシピ1】 昆布と梅の雑穀おにぎり

◆【ハウス食品 元気な穀物香ばし十五穀を使ったレシピ1】 昆布と梅の雑穀おにぎり

【材料】
●ハウス 元気な穀物 香ばし十五穀・・・1袋
●お米・・・2合(290g)
●梅干し・・・適量
●こんぶつくだ煮・・・適量
●塩・・・適量
●野沢菜漬け・・・適宜
●たくあん・・・適宜

【作り方】
1.米を洗い、通常の水加減にして香ばし十五穀1袋を加えて軽く混ぜ、ご飯を炊きます。
2.炊き上がったご飯をさっと混ぜ、茶碗に1個分を入れてくぼみを作り、梅干しを入れて三角ににぎり、塩をまぶします。
3.昆布佃煮のおにぎりも同様に作りましょう。
*お好みで野沢菜、たくあんを添えたら完成です。

◆【十五穀を使ったレシピ2】十五穀チャーハン

◆【ハウス食品 元気な穀物香ばし十五穀を使ったレシピ2】十五穀チャーハン

【材料】
●お米・・・2合(290g)
●ハウス 元気な穀物 香ばし十五穀・・・1袋(30g)
●チャーシュー・・・80g
●卵・・・2個
●長ねぎ・・・1/2本
●酒・・・大さじ1
●しょう油・・・大さじ1
●サラダ油・・・大さじ3
●コショー・・・少々
●塩・・・少々

【作り方】
1.米を洗い、通常の水加減にして香ばし十五穀を加えて、ご飯を炊きます。
2.焼き豚は7mm角に切ります。長ねぎはみじん切りにしましょう。
3.フライパンまたは中華なべにサラダ油大さじ1を熱し、溶いた卵を流し入れ、ふわっと炒めて取り出しておきます。
4.残りのサラダ油を熱し、長ねぎ、焼き豚を炒め、さらにご飯を加えてほぐすように炒めます。
5.パラリと炒まったら酒、しょう油をまわし入れましょう。塩、コショーで味をととのえます。
6.(5)に(3)の卵を加えてへらで切るように混ぜ合わせて炒め合わせると完成です。

【ワンポイント】
ご飯が多くていっぺんに炒めるのが難しいようであれば、具材をいため半分を別皿にとって、ご飯を半量ずつ炒めるとよいでしょう。

◆【十五穀を使ったレシピ3】にんじんたっぷり、そら豆入りカレー

◆【ハウス食品 元気な穀物香ばし十五穀を使ったレシピ3】にんじんたっぷり、そら豆入りカレー

【材料】
●ハウス バーモントカレー<中辛>230g・・・1/2箱(115g)
●豚ひき肉・・・250g
●にんじん・・・中1・1/2本(300g)
●そらまめ(生) さやから出したもの・・・25~30個(150g)
●GABAN ナツメグ<パウダー>・・・小さじ1/2
●塩・・・少々
●コショー・・・少々
●サラダ油・・・大さじ1
●水・・・750ml(3・3/4カップ)

【作り方】
1.にんじんは輪切りにし、柔らかめにゆで、熱いうちにざるなどでこすか、フードプロセッサーであらくひいておきましょう。そら豆は塩ゆでして薄皮をむいておきます。
2.厚手の鍋にサラダ油を熱し、ひき肉を入れてほぐしながら炒めます。ほぐれてきたらナツメグを加え、さらに炒めます。
3.分量の水と(1)のにんじんを加えてひと煮立ちさせます。
4.いったん火を止め、ルウを割り入れてよく溶かし、再び弱火でとろみがつくまで約5分煮込みます。(1)のそら豆を加えてひと煮立ちさせ、塩コショーで味を整えると完成です。

【ワンポイント】
水の代わりに、にんじんのゆで汁を使っても良いでしょう。

ハウス食品 元気な穀物 香ばし十五穀のレビュー

    あほいやん (2017年4月5日)

    これは小さい小分け包装になっているので、常に酸化の心配がなくよい

  • 初めて買いました。

    mopsy (2017年2月1日)

    いつも白米に雑穀を混ぜて使っています。健康のために。

  • カラダを考え購入

    ぐぅ (2017年1月25日)

    家族は白米好きですが、たまにはと思い購入しました。主人が珍しく食べてくれました。お通じが良くなったと驚いていました。

※2012年10月1日以前に投稿されたレビューは、アスクルWebサイト(法人向けサービス)に投稿されたレビューです。