法学の誕生 近代日本にとって「法」とは何であったか/内田貴

法学の誕生 近代日本にとって「法」とは何であったか/内田貴

¥3,132 (税込)

31ポイント

販売単位1点

カゴに入れる

Yahoo! JAPAN IDに新規取得/ログインしてお買い物するとポイントが毎日おトク!

法学の誕生 近代日本にとって「法」とは何であったか/内田貴


				

  • prev
  • next

  • 法学の誕生 近代日本にとって「法」とは何であったか/内田貴
  • 法学の誕生 近代日本にとって「法」とは何であったか/内田貴

法学の誕生 近代日本にとって「法」とは何であったか/内田貴

ストア:bookfan for LOHACO

¥3,132 (税込)

実質¥132でお買い物できるチャンス!

※商品の色や質感を出来るだけ忠実に再現するよう心がけていますが実物と若干異なる場合がございます。

※多くのお客様にご利用いただくため、同一のお客様からの大量のご注文、同一のお届け先への大量のご注文は、ご注文のキャンセルをさせていただく場合がございます。

この商品はbookfan for LOHACOが販売・発送します。

■配送料
全国一律:350円
1000円(税込)以上のご注文にて送料無料

■発送可能予定日
本   :当日~3日
全巻セット:3日~6日以内

お届け・返品について詳しくはこちら

在庫切れ

カゴに入れる

シェアする

法学の誕生 近代日本にとって「法」とは何であったか/内田貴 の商品説明

【内容紹介】 日本が、驚くほど短期間に近代化を果たしえたのは、西洋法の継受に成功したからである。だが、「法」を自らのものとして運用するには、それを支える法的思考様式、つまりは「法学」を受容することが不可欠だった。法学とは西洋社会に深く根差した思想であり、文化である。全く異質な文化的土壌をもった日本社会が、それまでにない思考様式を受容するのには幾多の困難があった。いったい日本人は、いかにしてそれを乗り越えたのか?欧米列強と対等に伍するため、国を代表する俊英たちが競って法学を学び、近代国家としての骨格をつくり上げた明治日本。先人たちの苦闘の歴史をあざやかに描き出す。

商品仕様/スペック

著者

内田貴

出版社

筑摩書房

発売日

2018年03月

状態

新品

ISBNコード

9784480867261

ストア商品コード

BK-4480867260

ご注意【免責】

アスクル(LOHACO)では、サイト上に最新の商品情報を表示するよう努めておりますが、メーカーの都合等により、商品規格・仕様(容量、パッケージ、原材料、原産国など)が変更される場合がございます。このため、実際にお届けする商品とサイト上の商品情報の表記が異なる場合がございますので、ご使用前には必ずお届けした商品の商品ラベルや注意書きをご確認ください。さらに詳細な商品情報が必要な場合は、メーカー等にお問い合わせください。

法学の誕生 近代日本にとって「法」とは何であったか/内田貴のレビュー

投稿されたレビューはまだありません。

レビューを投稿しませんか