素敵な暮らしを買うマガジン Style LOHACO

2019.4.1

Answers HERE -くらしを磨くヒント-Vol.86心癒される“おうち緑化”のすすめ

室内のハーブ栽培

おうちの中に緑やお花があると不思議と清々しい気が流れ、ほっと心が落ち着きます。イミテーションではやっぱり少し味気ない。そこに瑞々しい植物があることで、お部屋に生き生きとした命が吹き込まれる気がしますね。この春、ぜひ始めてみたいのが“おうち緑化”。お庭や広いベランダがなくても、室内の限られたスペースで充分叶えられるグリーンの楽しみ方があるんです。前回、“収納賢者”として登場していただいた人気インスタグラマーryuryu_homeさんが、ご自宅のあちこちに緑を散りばめた素敵なライフスタイルを公開してくれました。

キッチン・ダイニング - 気取らずさりげなく、緑や花を飾る -

「豪華なお花よりも、普段づかいには野花のようなナチュラルな雰囲気の方が好きです。庭やテラスで育てている花を摘んできてサッと飾ることが多く、茎が短くても似合う器やキャンドルホルダーをよく使っています。」と語るryuryu_homeさん。

ダイニングのOld English Flower Bowl 花瓶としても器としても使える、ダイニングのOld English Flower Bowl

キッチンのカステヘルミ キッチンで使っている、iittalaのカステヘルミ

お庭で摘んできたようなナチュラルな花でもHolmegaard(ホルムガード)のOld English Flower Bowlに生けると上品に見え、花が少量のときはiittala(イッタラ)のカステヘルミ(キャンドルホルダー)を選ぶと可愛くてキッチンにもちょうどいいサイズに。お庭で育てている花も、摘んで飾れるかをあらかじめ考えて植えているそうです。ダイニングの雰囲気を変えたい時はHolmegaardのポットに大ぶりのお花を飾ったり、小さな観葉植物の鉢を置いたりも。自然の色味がお部屋に足されることで、一気に場が華やぎますね。

Holmegaardのポットとお花 気持ちが上がる、Holmegaardのポットとお花

洗面所・水回り - 長持ちするグリーンを置いて、いつも清々しく -

「洗面所やトイレ等の水回りには長持ちするグリーンを飾ることが多いです。特にアイビーは水に浸しておくだけで根がどんどん出てきて、数年単位で持ってくれます。花は毎日水換えが必要ですが、アイビーだと水が汚れにくいので頻繁に変えなくても大丈夫です。なので、ついつい水換えを忘れがちなトイレにも飾っています。」なかなか手入れの行き届かない水回りはついフェイクグリーンを置いてしまいがちですが、生きたアイビーがこんなに使えるなんて、意外です。

Holmegaardのポットとお花 あるだけで清潔感が増す、洗面所のアイビー

トイレのアイビー トイレの飾り棚にもグリーンの癒しを

観葉植物でフレッシュな“気”を呼び込む

「グリーンがあると殺風景な部屋でも一気に明るい印象になりますね。エバーフレッシュは夜になると葉っぱが閉じ、しょっちゅう花を咲かせています。ウンベラータはハート型の葉っぱが可愛くて、置いてあるだけで部屋がフレッシュな印象になります。お世話は至ってシンプルで、太陽が出ているとき窓辺で日光浴をさせ、葉っぱの様子を見ながら水をあげるだけ。このふたつはもう何年も我が家におりますが、購入したときの3、4倍の背丈になりました。定期的に全体にシャワーで水をかけてあげることで病気を予防しています。葉の裏にもきちんとかけてあげると良いです。」

キッチンサイドのエバーフレッシュ キッチンサイドのエバーフレッシュ

ウンベラータ 葉のかたちが可愛いウンベラータ

室内でも手軽に叶うHerbal life

「以前は外で育てていたハーブたち。でも意外とアブラムシの被害にあったり寒い季節は収穫できなかったり…そんなことから思い切って室内で育てるようになりました。欲しいときに冷蔵庫から取り出す感覚で摘めるのでとても便利です。」

ハーブ栽培用の棚 ハーブたちが日光浴する窓辺

「今現在、室内で育てているハーブはイタリアンパセリ、カーリーパセリ、スイートマジョラム、スープセロリ、チャイブです。その中で、これから室内菜園を始めるという方に、私が育てやすいと思ったものをご紹介します。」

室内のハーブたち 日々の成長が楽しみのひとつになります

パセリ(イタリアン、カーリー)

お料理に散らすだけで彩り良くなるパセリ。乾燥パセリに比べると、新鮮なものはやはり色合いも鮮やかで風味豊か。室内でも日当たりの良い窓辺においておけば青々と育ちます。我が家では外で育てるのと遜色ないくらい元気に育っています。使用するときは外側の葉から摘んでいくとどんどん新芽が出てきます。収穫した分すぐに伸びてくるのでとてもおすすめです。

ペッパーランチ ペッパーランチ風メニューにパセリを散らして

チャイブ

ネギのように色々と使えます。私はスープに散らしたりハーブバターに使うことが多いですが、料理の上に散らしても美味しいです。我が家の場合、外で育てるより少しほっそりしていますがそれでも十分楽しめています。伸びてきたら根本から5センチ位で思い切ってカットしても大丈夫。すぐに伸びてきてくれます。

デビルドエッグ デビルドエッグのトッピングに

ミント

ドリンクやスイーツのトッピングの定番。ちょっと添えるだけでお店のような雰囲気を出せます。丈夫で育てやすいですが、とても根が張るのでミント単独で植えています。

外で育てているハーブ(番外編)

ローズマリー、タイム

虫がつきにくく通年収穫できます。刻んで塩と混ぜ、ハーブソルトとして使うのがおすすめ。クリスマスのローストチキンも毎年ローズマリーとタイムで味付けしています。スープの香り付けや肉、魚の臭み取りにもあると便利です。

月桂樹(ローリエ)

使いたいときに2、3枚採ってきます。一年を通して収穫できて便利です。

お庭のお花たち

“おうち緑化”を叶えるために、さりげなく無理のない工夫を積み重ねられているryuryu_homeさん。シンプルなことだらけなのに全てにおいて丁寧さを心がけているのが印象的です。
緑を当たり前のように眺め、毎日わずかずつの成長や変化を楽しむことが出来る生活って、優しくリッチなヴェールをまとっているかのよう。忙しなさの中でふとすると失いがちになってしまう、自然を慈しむこころも呼び起こしてくれそうです。

取材/文:Takami Okuyama

ryuryu_homeさん

<話を伺ったのは>ryuryu_home さん

中庭のある暮らしがお気に入り。自然の中にいるような心地のよい空間を目指して日々模索中です。おうち時間が豊かで楽しくなるよう心がけています。
Instagram→ https://www.instagram.com/ryuryu_home/

バックナンバー「Answers HERE-くらしを磨くヒント-」

もっとみる

素敵な暮らしを買うマガジン STYLE LOHACO

LOHACOが提案する、もっとくらしを豊かにする
新しい情報マガジン+ショッピングメディア

TOPへ



[閉じる]