素敵な暮らしを買うマガジン Style LOHACO

2019.5.22

Answers HERE -くらしを磨くヒント-Vol.88冷蔵庫&食品庫をストレスフリーに! 素敵シンプルな“目からウロコ”の収納術

「期限内に食べきれず食材をロスしてばかり…」「ストックがあるのに同じものをまた買ってしまった」「食材が探しづらく料理に時間がかかる」そんな経験のある方、冷蔵庫や食品庫(パントリー)に食材を雑多に詰めこんでいませんか? どこに何があるかを把握出来ていないなら、それが「もったいない」を生む原因かもしれません。毎日こまめに使う場所だからもっと使いやすく、もっとストレスフリーに。人気インスタグラマーryuryu_homeさんが日々の暮らしで実践されている、“収納賢者”ならではの素敵シンプルな収納術をご紹介します。

1、冷蔵庫の収納術 ~定位置決めですっきり在庫管理~

ryuryu_homeさんいわく、冷蔵庫収納で大切なのは「ジャンルごとに大体の場所を決めておくこと」。食材を定位置に入れると格段に在庫管理しやすくなるのはもちろん、時間のロスもカット。さらに、冷蔵庫に「なんでもあり」な余地も作っておくこと。普段あまり買わないもの、頂きもの、作り置き用のフリースペースを広めにとっておくと、すっきり収納が楽々叶うんです。シンプル収納術と便利グッズが満載のryuryu_homeさんのお宅の冷蔵庫を拝見させて頂きました。

最上段:常備品

ハムやウインナーなどの加工品、チーズ等乳製品。

これが便利!

  • メイクボックス(無印良品)… 取手の穴があり高い場所に置いても取り出しやすい。
  • フレッシュハムキーパー(スケーター)… ハムやスライスチーズは開封後乾燥しやすいので、ぴったりサイズの専用ケースに。

2段目:常備品+保存期間長めの食品

スイーツ、納豆、豆腐、味噌、梅干、パン粉など。

これが便利!

  • ファイルボックス(無印良品)… 奥行きがありスペースを無駄なく使用可。在庫が分かりやすい半透明タイプがおすすめ。
  • 味噌ポット(富士ホーロー)… 蓋のずれによる味噌の乾燥を防ぐためパックごと収納。
  • そのままレンジ保存容器(イオンリテール)… 冷凍庫での食品保管や残り物入れに活用。蓋や容器に溝がなく洗いやすい。

3段目:バター・マーガリン+フリースペース

バターとマーガリン以外はフリー。作り置きや下ごしらえしたもの、定位置が決まっていない食材を入れるのに利用。

4段目:飲み物、サラダスピナー

牛乳やペットボトルのほか、サラダ好きの家族のために常にサラダスピナーをIN。

これが便利!

  • アクリル仕切りスタンド(無印良品)… 牛乳のストックやペットボトルは仕切ることで寝かせても転がらず、重ねて収納可。
  • サラダスピナー(IWAKI)… 浅め設計なので冷蔵庫に入れやすい。野菜をちぎって常備しておくとすぐサーブ出来るのでおすすめ。

最下段:卵、肉・魚のパック類

小引き出しはそれぞれ卵と子供の解熱剤入れに。大きめの引き出しは肉や魚のパックを収納。

サイドポケット

中華調味料系、酸味系、スープや汁物に使う系といったカテゴリに分類。仕切り付きのメイクボックスで取り出し&片付けを楽に。

冷凍庫

作り置きして冷凍保存する習慣がないため、冷凍庫にはあまり物が入っておらず基本的にすっきり。使い勝手を考え、冷凍野菜を袋から容器に詰め替えて常にストックしています。

野菜室

メイクボックスで仕切りを作り、玉ねぎ、じゃがいも、サラダ用など定番の野菜の定位置を決めると在庫量がひと目で分かり、買い物や料理の計画を立てやすくなります。使いかけ野菜は上部の引き出しに入れ、確実に使い切るように意識づけ。

2、食品庫(パントリー)の収納術 ~ボックスを活用して徹底的にジャンル分け~

ryuryu_homeさんがパントリー収納で徹底しているのが、スクエアボックス(ダイソー)を使ったジャンル分け。「菓子類」「出汁・鶏ガラ・コンソメ類」「缶詰」「ごま・乾物」「インスタント類」「砂糖・塩・片栗粉・小麦粉・パン粉」「調味料」に分類し、そのうち「菓子類」はクッキー、チョコ、飴など更に細分化して雑多になるのを回避しています。
ここまで分けてラベリングしておけば、調理時やおやつをサーブする時も抜群にスムーズ。

かさばって置き場に困るパンもひと工夫。キッチンカウンター背面のかごに入れ、上から布をかけてしまえばスッキリ見え。忙しい朝にサッと取り出せる、機能的なのにおしゃれ心も大切にした収納術です。

3、消費期限&賞味期限の管理術

食材の期限切れを防ぐには整理整頓だけではまだ足りません。ryuryu_homeさん流の収納術は保管の際にひと手間。しっかり「見える化」をすれば在庫管理もパーフェクト。

食品に直書きで

卵やスライスチーズに個別に賞味期限を書き入れておくと、新旧の食材が混在してしまった時にもどれから使うか迷いません。

マスキングテープを活用

詰め替えて保管する食材はマスキングテープに賞味期限を記載してケースに貼りつけ。

在庫管理ボードで見える化

パントリー横に在庫管理ボードと食材ボードを設置。食材ボードに食材名を付けた磁石を、在庫管理ボードに「至急!」「そろそろ」「在庫なし」という磁石を用意し、必要に応じて食材の磁石を横に移動し、買い足すべきものを常に見える化。必要なものがひと目で分かる秀逸アイディアです。

「我が家では食材の定位置を決めているので、そこに入り切る量しか買いません。何がどこにどのくらいあるのかひと目で分かるのでつい必要以上に買い込むこともなし。ストックは最小限にとどめています。」と話すryuryu_homeさん。あくまでも必要なものだけを、というシンプルスタイルを貫いていて、それがすっきり整然とした収納と、スムーズで快適な使い勝手の良さに繋がっているように感じます。
どれくらい食品のストックを持ちたいかは人それぞれ。でも、期限切れによる食品ロスや無駄買いを避け、お料理をストレスフリーに楽しみたいのは誰にでも共通したテーマのはず。まずは定位置決めをして自分や家族にとって「本当に必要なもの」を見極め、今まで気付かなかった無駄をそぎ落とすことから素敵シンプルLIFEをスタートしてみませんか?

取材/文:Takami Okuyama

ryuryu_homeさん

<話を伺ったのは>ryuryu_home さん

中庭のある暮らしがお気に入り。自然の中にいるような心地のよい空間を目指して日々模索中です。おうち時間が豊かで楽しくなるよう心がけています。
Instagram→ https://www.instagram.com/ryuryu_home/

バックナンバー「Answers HERE-くらしを磨くヒント-」

もっとみる

素敵な暮らしを買うマガジン STYLE LOHACO

LOHACOが提案する、もっとくらしを豊かにする
新しい情報マガジン+ショッピングメディア

TOPへ



[閉じる]