素敵な暮らしを買うマガジン Style LOHACO

Pass Your Thanks Baton vol.1 小嶋ファミリー

2016.9.30

Pass Your Thanks Baton
普段は近すぎて中々「ありがとう」と口に出せない間柄。それが家族となるとなおさら気恥ずかしいもの。

時には感謝の気持ちをギフトという形にして大切な人に贈りませんか?

ギフトってやっぱり素敵な習慣! 贈られる方ももちろん幸せですが、贈る方もやっぱり幸せ。その幸せが連鎖反応のように広がっていったら素敵です!

今まで心に残った、忘れられないギフトについてのエピソードも伺いながら、今回は素敵なご家族、小嶋家の贈り物にフィーチャーしました。贈り物があらためてお互いのことを想うきっかけになれたら…

Pass Your Thanks Baton.
ありがとうの気持ちを繋いでいくリレー式連載です。



息子章太さん経営のビストロカフェ「カジェヘロ」にて



息子から母への贈り物はダイヤの指輪?

母&息子と言うと大抵は驚かれるという、小嶋あゆみさん、章太(しょうた)さん親子。料理上手の母親のあゆみさんは葉山で飲食店を営み、息子の章太さんも鎌倉でビストロカフェや麻婆豆腐専門店を経営し、親子揃って食の道。やはりそこはしっかりDNAが受け継がれているんですね。同業でお互いをリスペクトする親子を越えた素敵な関係!

一見クールそうな章太さんですが、実はとっても母思い。

「小さい頃はよく駄菓子屋で売っていたカラフルなダイヤ型の飴の指輪を事あるごとにプレゼントしてくれました」とあゆみさん。




それって「ジュエルリング」ですよね!」と一同昭和話に盛り上がりつつ、「実はずっと捨てないで取っておいた」というあゆみさんの一言にじんわり。

しかし、その後なぜか引越しの度にそのジュエルリングを一つずつ失くしていき(笑)「今はもう一つだけしかない」とのこと。

「それでも何十年も取っておいたあゆみさんの母心は何だかとっても心温まるエピソード。

今日は久しぶりに息子章太さんから母あゆみさんへ贈り物をすることになりました。


7年熟成黒味醂と3年熟成黒酢のセット。料理の幅が広がりそう

ジュエルリングを事あるごとにプレゼントするなんて、幼少の頃から女性心を理解していた章太さん。大人になった今は飲食に携わるあゆみさんのために「黒酢」と「黒味醂」のオトナセレクト。

「普段自分で買うにはちょっと高価だけど日々使えてちゃんと美味しい調味料は嬉しいと思って」。さすが間違いない食材をチョイスされました。

こだわりの食材ギフトページこちら

ちなみに章太さんが母あゆみさんからの贈り物で一番印象に残っているのは、初めて自分で欲しいと思った「ブルーハーツ」のCDなんだとか。やはり大切な人からの贈り物っていつまでも憶えているものなんですよね。




そして義母からお嫁さんへ繋ぐバトン

現在1歳半になる愛娘音寧(ねね)ちゃんの子育てに日々忙しい、お嫁さんの紗織(さおり)さんにとって、あゆみさんの存在はとても大きい。二人は一見すると嫁姑というより、仲の良い女友達の印象にしか見えません。そして実際本当に仲が良い。あゆみさん曰く息子の章太さんより会う頻度が高く、しょっちゅう一緒に行動しているそう。そんな関係、本当に羨ましい。

普段も美味しいものを見つけたら都度贈り合っているとか。




そして今日はあらためて育児やお仕事に勤しむ紗織さんを労って、義母からお嫁さんに「たまにはリラックスできる時間を作って」と癒しアイテムをプレゼント。あゆみさんがチョイスされたのは、ヴェレダのベストセラー「ホワイトバーチ ボディオイル」と「ボディウォッシュ」のセット。
「いつも笑顔でふんわりやり過ごしているから、知らず知らずのうちに疲れを溜めているんじゃないかと…」と義母からの気遣いが何とも嬉しい。

リラックスをテーマにセレクトしたギフトページはこちら

そしてやはりギフトは会って手渡しすることで何より気持ちが伝わりますね。
皆様も今きっと、大切な人が想い浮かんだのではないでしょうか?

Pass Your Thanks Baton.
ギフトから生まれるハッピーの連鎖、次号に続きます。

(撮影 ミヤジシンゴ、取材/文 WSENSE)

~LOHACO限定ギフトバック~

ELLEをはじめ様々なファッション誌等で活躍されているイラストレーター/アーティスト AI SUZUKI 氏デザインによるLOHACO限定のギフトバック。ボタニカルでエッジの効いたデザインは男女問わず、幅広い用途にお使いいただけます。ちょっとしたギフトに最適。

LOHACO限定ギフトバック 詳しくはこちら>

オススメのギフトはこちら!



[閉じる]