素敵な暮らしを買うマガジン Style LOHACO

Pass Your Thanks Baton vol.4 釡萢・渋木ファミリー

2017.3.30

Pass Your Thanks Baton
普段は近すぎて中々「ありがとう」と口に出せない間柄。それが家族となるとなおさら気恥ずかしいもの。
時には感謝の気持ちをギフトという形にして大切な人に贈りませんか?
ギフトってやっぱり素敵な習慣! 贈られる方ももちろん幸せですが、
贈る方もやっぱり幸せ。その幸せが連鎖反応のように広がっていったら素敵です!

第3回目は昨年第一子をご出産され、鎌倉に引っ越してきたばかりのヨガインストラクター「渋木さやか」さんと横浜で毎年開催されている大型音楽フェスを手掛ける「GREENROOM」代表の「釡萢直起」さんご夫妻にクローズアップ。ギフトがあらためてお互いのことを想うきっかけになれたら…

Pass Your Thanks Baton.ありがとうの気持ちを繋いでいくリレー式連載です。



鎌倉の材木座海岸前「ZAIMOKU THE TERRACE」

今回の取材先となった、鎌倉の材木座海岸前に昨年オープンした複合施設「ZAIMOKU THE TERRACE」。レストラン、サーフクラブ、ヨガ教室、ショップが展開され、釡萢さんが代表を務める「GREENROOM」が運営する「GREEN ROOM BEACH CLUB」も併設。スタジオスペース、ウェディング事業も手がけている



ヨガとコーヒーの共通点

前回ご登場いただいた、女性バリスタの井野麻美さんから今回バトンを引き継いだのは、ヨガインストラクターであり、ヨガライフアドバイザーとしても活躍されている「渋木さやか」さん。昨年第一子をご出産され、昨年末ここ鎌倉に引っ越してきたばかり。

麻美さんとは家族ぐるみで仲良しということで、久しぶりに引っ越し祝いも兼ねて集合することに。

実は偶然にもこの日は麻美さんご夫婦の結婚記念日とのことで、ちょうどお二人は思い出の葉山のホテルに一泊旅行するグッドタイミングでもありました。

バリスタの麻美さんとヨガインストラクターのさやかさんファミリー

バリスタの麻美さんとヨガインストラクターのさやかさんが出会ったのは、麻美さんが前職で勤めていたカフェでした。

「すぐに意気投合した」というお二人には、どこかしら通じ合うものを感じます。麻美さん曰く、「会うといつもパワーをくれる」というさやかさんの笑顔はまるで太陽のよう。

それぞれに「コーヒー」と「ヨガ」の専門知識を持つお二人、お互いの仕事に対する情熱やバイタリティーに強く共鳴し「RUNとYOGAとCOFFEE」のイベントを共同開催したこともあるそう。

「「コーヒー」と「ヨガ」は一見共通点がなさそうに感じるけど、私達は違う切り口から「人生を豊かにする」お手伝いができたらなって思うんです。コーヒーもヨガもなくても生きていけるかもしれない。でも、あるともっとハッピーになれます。」

さやかさんの目が一層と輝きます。


後世に伝えていきたい「美味しいストーリー」

セレクトしたギフトはコーヒーにピッタリのヨックモックのシガール

さやかさんと麻美さんはお互い本音で言い合える貴重な存在と自負。今日は麻美さんから引っ越しのお祝いと、普段何かしら「気づき」を教えてくれるというさやかさんへ「ありがとう」の気持ちを込めてギフトを贈ることになりました。

バリスタの麻美さんが今回セレクトしたギフトは、コーヒーにもピッタリのお菓子のレジェンド的ブランド、「ヨックモック」の「シガール」の詰め合わせ。

思わずさやかさんは「わー!シガール大好きです。昔からお金持ちのお宅にしかないイメージがあるので嬉しい(笑)。」

40年以上前に誕生したお菓子「ヨックモックのシガール」

ご存知老舗お菓子メーカー「ヨックモック」を代表する看板商品「シガール」。シガールとはフランス語で「葉巻」の意。薄焼きクッキーをクルクルと葉巻状に巻いた形が特徴の今も昔も大人気ベストセラー商品

このシガール、海外でも特に富裕層に絶大な知名度があるとのことから、さやかさんのシガールに対するイメージは正解でしょう。

シガール誕生の歴史は今から40年以上前まで遡ります。

「本当に美味しいお菓子を作ろう」とヨックモック社は海外を歩き回り研究を重ねます。当時日本は高度経済成長期、クッキー製造というと、日持ちするように安価なマーガリン、ショートニングを使うのが一般でした。同社はその手法とは「逆の発想」でバターを中心とした配合や国産の素材にこだわり、それまでの「常識」を破った結果、程よい甘さでバターの濃厚な風味が後を引く大ヒット商品が生まれました。

「ありそうでなかった新しい美味しさ」を提唱した、まさにお菓子のイノベーター「シガール」。

「本当に美味しいものってちゃんとストーリーがあるんですね。子供にもキチンとそういうことを伝えていきたい。」

子供達にも大人気のシガール。手に持って食べやすいお菓子

「はい、どうぞ!」は仲良しの印。大人から子供へ、子供から子供へ。「シガール」のバトンのような形は手渡しのプレゼントにも最適

今回「シガール」をセレクトしたバリスタの麻美さんも「シガールって、昔から誰もが大好きなお菓子としてインプットされていたし、実際、海外に行く時お土産として持っていくと、とても喜ばれるんです。あのモダンな装いも、上品な美味しさも人気のヒミツかもしれませんね。」

一見すると海外のお菓子かと思うシガールは、その美味しさに裏打ちされた「徹底的なこだわり」の精神も、職人芸とも言える手法から生み出される繊細さも、実はとても日本的。お土産として、ギフトとして世界中で愛されることとなりました。

「お菓子の原点は真心がこもった手作りにある」という創業者の熱い思いは、大切な人にもきっと伝わるはず。本物の美味しさは今もこれからもずっと継承されていくことでしょう。

海外のお土産にぴったりのモダンな装い。実は日本的なお菓子

もっとヨックモックについてお知りになりたい方はこちら >>>

忙しい方こそ始めてほしいヨガの教え

さやかさんがヨガを始めたのは10数年前のこと、当時はアパレルのPRを務め、昼夜問わずのあまりの忙しさに、時間も季節も感じられない感覚に陥っていたとのこと。

仕事のストレス、人間関係、恋愛…20代の女子が抱える悩みにさやかさんも直面し、そんな最中に偶然に出会ったというヨガの存在。

「暗闇から一気に光の方向へと導かれていく感覚」に衝撃を覚え、何も知らなかったヨガの世界に飛び込み、本場インドの修行を経験したほど。

仕事、人間関係、恋愛、物事をポジティブに変換できるヨガの存在

忙しい日々を送られている方こそ、ヨガを生活に取り入れてみて欲しいとさやかさんは言います。

「深い呼吸に合わせ目を閉じるだけでも、気持ちを切り替え、物事をポジティブに変換できる効果があると思っています。」

鎌倉の海から広がるハッピーの連鎖。Pass Your Thanks Baton.

そんなさやかさんは、友人の麻美さんと今後密かに計画しているある野望(笑)があるのだとか。

「(麻美さんが元ラジオのDJだったこともあって)二人でラジオ番組をやりたいんです。ヨガって実は「声」の仕事でもあって。発信する側が常に心地良いフロウで導かないと、生徒さんは集中できないんです。ライフプランナーとして私達が何か発することで、一人でも多くハッピーになれる方が増えたら嬉しいです。」

それこそ「シガール」の信念のように「本物」を伝えていきたいと熱く語るお二人。ママ達の野望はまだまだ続きます。

Pass Your Thanks Baton.
ギフトから生まれるハッピーの連鎖。
今回も素敵なファミリーに出会えました。

もっとギフト商品をご覧になりたい方はこちら>>



(撮影:GIRAFFE、取材/文:WSENSE)




GREENROOM BEACH CLUB

取材協力:
「GREENROOM BEACH CLUB / ZAIMOKU THE TERRACE」
〒248-0013 神奈川県鎌倉市材木座5-8-25
0467-55-8801
10:00~22:00
http://greenroomclub.com

ZAIMOKU THE TERRACE:
http://www.zaimoku-the-terrace.co

この記事でご紹介したギフトはこちら!



[閉じる]