素敵な暮らしを買うマガジン Style LOHACO

2019.8.9

Pro Recipe QUICK!Vol.10【プロ考案】超時短レシピ!「サラダチキン」で作る今夜のご馳走

準備時間5分以内、調理10分という、多忙な人のお助け時短レシピを3人のプロの料理人が考案。使用しているのは、だれの家にも常備しているような調味料と普通のスーパーマーケットで買えるような食材です。「これが時短?!」とびっくりする高い質のメニューがいっぱい。料理のコツや知っていると得をする「ポイント」を合わせてチェックしてください。

今回のテーマは「サラダチキン」

食材「サラダチキン」

手軽にタンパク質を多く摂取することができ、低カロリーの健康食材として定着したサラダチキン。すでに調理済みだから、時短クッキングの強い味方です。

ヨーグルトベースのソースが爽やか!
「サラダチキンと焼きブロッコリーのサラダ ごまヨーグルトソース」

「サラダチキンと焼きブロッコリーのサラダ ごまヨーグルトソース」盛り付け例

材料<2人分>

  • サラダチキン(1パック115g)2パック
  • ブロッコリー2/3房分
  • アボカド小1個
  • オリーブオイル小さじ2
  • 少々
  • レモンの皮のすりおろし(お好みで)適量
  • [ごまヨーグルトソース]
  • プレーンヨーグルト大さじ3
  • マヨネーズ大さじ1.5
  • 白すりごま大さじ1.5
  • にんにく(チューブ可/気になる方はなくてもよい)小さじ1/4ほど
  • 少々
  • レモンの皮(お好みで)少々

調理時間

  • 準備3分、調理10分

作り方

  • (1)ブロッコリーは小房に分け、火の通りが早くなるようにさらに縦に2~3個に切る。フライパンを弱めの中火にかけてオリーブオイルをひき、ブロッコリーを焼く。軽く塩をして、途中で裏返す。中心まで火が通ったら皿に盛り、粗熱をとっておく。
  • (2)ごまヨーグルトソースの材料をすべて混ぜる。
  • (3)(1)の皿にアボカドをスプーンでくりぬいて並べ、サラダチキンは手で裂いて置く。(2)をかけ、お好みでレモンの皮のすりおろしをふる。

ポイント
ごまヨーグルトソースの塩の量はサラダチキンの塩味加減で決めてください。レタスなどの葉ものやトマトを足すと、ボリュームたっぷりのご馳走サラダになります。ブロッコリーは焼くと香ばしさが加わり、全体のテクスチャーに楽しい変化がでます。焦げてしまう場合は、途中で水大さじ1~2を回し入れるとよいでしょう。

タレがおいしすぎて食べすぎそう!
「きゅうりとサラダチキンのタンタンだれ」

「きゅうりとサラダチキンのタンタンだれ」盛り付け例

材料<2人分>

  • サラダチキン(1パック115g)1/2パック
  • きゅうり2/3本
  • パクチーお好みで
  • [基本のたれ(作りやすい分量)]
  • ピーナツバター(無糖)大さじ2
  • しょうが5g
  • にんにく5g
  • しょうゆ大さじ1.5
  • みりん大さじ1
  • 砂糖大さじ1
  • 大さじ1
  • 豆板醤小さじ1/2
  • ごま油大さじ1/2

調理時間

  • 準備3分、調理8分

作り方

  • (1)サラダチキンときゅうりをそれぞれ薄く斜め切りにし、器に盛る。
  • (2)基本のたれの材料をすべてボウルに入れてよく混ぜ、(1)にかける。
  • (3)お好みでパクチーを添えて。

ポイント
基本のたれは茹で豚やにんじんや大根、パプリカなど生野菜にかけても相性がいいです。

にんにくとしょうがが効いたあっさり鍋
「サラダチキンとレタスの即席もつ鍋風」

「サラダチキンとレタスの即席もつ鍋風」盛り付け例

材料<2人分>

  • サラダチキン(1パック115g)2パック
  • レタス1/2個
  • にら適量
  • 鶏がらスープの素大さじ1
  • 600ml
  • しょうが(チューブ)小さじ1/2
  • にんにく(チューブ)小さじ1/2
  • 小さじ2
  • みりん小さじ2
  • 味噌大さじ2
  • 七味唐辛子お好みで

調理時間

  • 準備5分、調理8分

作り方

  • (1)水を鍋に沸かし鶏がらスープの素を入れ、沸騰したらにんにく、しょうが、味噌を加えてよく混ぜる。酒、みりんを加え一煮立ちさせたら弱火にする。
  • (2)食べやすい厚さに切ったサラダチキンと、芯を残したまま鍋に入るくらいの大きさに切ったレタス、にらを入れて蓋をして1〜2分煮込む。食べるときに七味唐辛子をふる。

ポイント
サラダチキンはサッと温める感じでOK。レタスは大きいまま入れることでボリュームがアップします。お好みで中華麺、豆腐などを加えても。

写真:平松唯加子 レシピ:渡辺麻紀、山本千織、松島由恵
取材/文:高山裕美子 ディレクション:WSENSE

料理家 渡辺麻紀さん

料理家渡辺 麻紀さん

フランス料理研究家のアシスタントを経て、ル・コルドン・ブルー東京校に勤務後、フランス、イタリアへ料理留学。雑誌や企業へのメニュー提案、著書も多数で、近著に『QUICHE et TERRINES』(池田書店刊)がある。スパイスやハーブを使った料理、お菓子が得意。
http://www.makiette.com

料理家 山本千織さん

料理家山本 千織さん

複数の飲食店を経て、妹が経営する札幌「ごはんや はるや」で厨房を担当。2011年にお弁当販売店「chioben」開業。現在、アトリエを構え、弁当、ケータリング、企業のレシピ開発を手がける。スパイスや発酵調味料を使ったオリジナル料理は唯一無二。

料理家 松島由恵さん

料理家松島 由恵さん

建築業界で建築士として長年活躍した後、フランス料理店勤務を経てケータリングやレシピ監修、フードコーディネートなどを主体とした、DoraTheFoodを主宰。シンプルな料理に定評あり。
http://www.dorathefood.com/

素敵な暮らしを買うマガジン STYLE LOHACO

LOHACOが提案する、もっとくらしを豊かにする
新しい情報マガジン+ショッピングメディア

TOPへ



[閉じる]