素敵な暮らしを買うマガジン Style LOHACO

2019.1.16

美味しいトースターレシピVol.44カリフラワーウェリントン

カリフラワーウェリントン

ビーフフィレをキノコのペーストとパイ生地で包んで焼き上げた料理「ビーフウェリントン」はローストビーフの一種でイギリスがルーツ。パイで具材を包んでゆっくりと焼き上げることで美味しさがギュッと深まります。本来は高級メニューとして提供されることが多いようですが、フィリングを応用すればグッと家庭風に!今回はカリフラワーを主役に、ひき肉のパテと一緒に包みました。手軽なのにパーティ―ライクな仕上がりが嬉しい一品です。

材料(6個分)

カリフラワーウェリントンの材料

  • カリフラワー1/2個
  • 牛ひき肉(または合挽き)200g
  • 玉ねぎ1/4個
  • 1個
  • ナツメグ少々
  • 塩胡椒適宜
  • 冷凍パイシート2枚
  • タイム少々
  • シュレッドチーズ(ピザ用チーズ)適宜

作り方

  • (1)カリフラワーは房の部分を切り分ける。玉ねぎはみじん切りにし、卵は小さなボウルに割り、溶きほぐす。冷凍パイシートは解凍しておく。

  • (2)ボウルにひき肉、(1)の玉ねぎ、塩胡椒、ナツメグ、溶き卵1/2個分、を入れる。(残りの卵1/2個分は後で使う)

  • (3)(2)を軽く粘りが出るまでよく練ったら、4等分にし、それぞれを軽く丸める。

  • (4)(1)のカリフラワーを(3)で包み込むようにし、丸く整える。ここでトースターを220℃に予熱する。

  • (5)2枚のパイシートはそれぞれ半分に切り、中央に(4)をおいて上下から包んだ後、両サイドを底の方に折り込む。

  • (6)(5)に溶き卵を塗り、シュレッドチーズ(ピザ用チーズ)とタイム(胡椒でも可)をかける。

  • (7)220℃に予熱しておいたトースターで約30分焼く。

  • (8)こんがりと色がついたら焼き上がり。

カリフラワーウェリントン

ハーフカットすると、カリフラワーの断面が可愛いウェリントンに仕上がりました。お肉だけを入れるよりも野菜を主役にすることで軽さが出るのも嬉しいポイントです。
熱々でお召し上がりください。

写真:斉藤 有美、コーディネート/レシピ/料理:WSENSE

バックナンバー「Just Toast!But Special!」
~美味しいトーストレシピ~

もっとみる

素敵な暮らしを買うマガジン STYLE LOHACO

LOHACOが提案する、もっとくらしを豊かにする
新しい情報マガジン+ショッピングメディア

TOPへ



[閉じる]