素敵な暮らしを買うマガジン Style LOHACO

2019.1.9

旅行&お出かけ便利帖Vol.192019年国内旅行のトレンド予測!話題&注目の観光スポット・施設6選

2019年国内旅行のトレンド予測!話題&注目の観光スポット・施設6選ハレクラニ沖縄(イメージ)

2019年はゴールデンウィーク(GW)10連休もあり、旅のチャンスが増える人も多いかもしれませんね。今年の国内旅行先として注目したい観光地や施設をまとめました。

新ホテルや空港新ターミナルで話題の「沖縄」

ハレクラニ沖縄ハレクラニ沖縄(イメージ)

常に人気の沖縄ですが、今年は話題も多く、ますます注目を集めること必至。まず1つ目のニュースが、沖縄本島の恩納村に2019年7月26日(金)に「ハレクラニ沖縄」が開業すること。ハレクラニといえば、ハワイのワイキキにある創業100年以上の人気ラグジュアリーホテル。「ハレクラニ沖縄」もオープン前から早くも話題です。全360室がオーシャンビューで、窓の外にはエメラルドグリーンに輝く海が。ハワイ語で“天国にふさわしい館”というホテル名のとおり、沖縄の新たな楽園となることでしょう。予約は2月から。

もう1つのニュースは、3月30日(金)に宮古島の下地島空港(しもじしまくうこう)に新たな旅客ターミナルが開業すること。現在ある宮古空港に続く第2の空港となります。すでにLCC(格安航空会社)のジェットスターが、東京(成田)―下地島間を1日1往復することが決まっています。沖縄の旅の選択肢が増えますね。

新登録の世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」

世界遺産「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」久賀島の旧五輪教会堂(写真提供:五島市)

2018年7月に世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を訪れる人が増えています。旅行サイト「じゃらん」の年末年始予約で前年比取扱高増加率が一番高かったのが長崎県でしたが、世界遺産登録も理由の1つと考えられています。

長崎県と熊本県の天草地方の2県6市2町にまたがる12の構成資産からなる「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」。キリスト教の禁教時代に、ひそかに信仰を続ける中で育まれた文化的伝統で、仏教や神道などの在来宗教を装った信仰のスタイルは日本独特のものです。「奈留島の江上集落」(江上天主堂とその周辺)や「久賀島の集落」をはじめ、離島にある構成資産が多く、アクセスはどうしても限られますが、そのぶんたどり着いたときの感慨もひとしお。のんびり流れる島時間に心もほっと安らぎます。昨今の島旅ブームも人気の後押しになりそうです。

開府500年で盛り上がる「山梨県甲府市」

開府500年で盛り上がる「山梨県甲府市」

首都圏からアクセスのよい山梨県甲府市。1519年に戦国武将として有名な武田信玄の父、信虎が躑躅ヶ崎(つつじがさき/現・武田神社)に館を構え、城下町甲府を開きました。開府500年を迎える2019年はイベントも多く、まさに行き時です。市内には武田信玄公をご祭神として祀る「武田神社」をはじめ、日本一の渓谷美とも謳われる「御岳昇仙峡」など見どころが多数あります。

毎年、信玄公の命日(4月12日)前の金~日曜に開催される「信玄公祭り」も、今年はひときわ盛り上がりそうです。この祭りでは1,000名を超える鎧をまとった軍勢が舞鶴城公園に集結し、川中島に向け出陣する様子を再現。「侍の最大集合記録」としてギネス世界記録(TM)も達成しています。

ムーミンの世界観を満喫できる「ムーミンバレーパーク」

ムーミンの世界観を満喫できる「ムーミンバレーパーク」©Moomin Characters™

2019年3月16日(土)に埼玉県の宮沢湖畔オープンするムーミンの物語を主題にしたテーマパーク「ムーミンバレーパーク」。すでに心待ちにしているムーミンファンも多いようです。ムーミン一家が暮らすムーミン屋敷やムーミンの物語を追体験できるアトラクション各種、さらにムーミン一家とその仲間たちによるライブエンターテインメントやグリーティングなど、お楽しみがいっぱい! オフィシャルホテルでは、ムーミンの世界観に思う存分浸れる「ムーミンスペシャルルーム」に宿泊できます。

「ムーミンバレーパーク」は、テーマパーク「メッツァ」の1ゾーン。「メッツァ」には「ムーミンバレーパーク」のほかに、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」というゾーンがあり、こちらは一足早く昨年11月にオープン。すでにファミリーやペット連れなど、多くの人でにぎわっています。

地域を味わう旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」

地域を味わう旅列車「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO」

移動しながら特別な体験ができる観光列車が各地で人気を集めていますが、今年の注目は3月23日(土)にデビューする「THE RAIL KITCHEN CHIKUGO(ザ レール キッチン チクゴ)」。“地域を味わう旅列車”をテーマに、福岡県の西鉄福岡(天神)駅と大牟田駅のあいだを結びます。

西鉄福岡(天神)駅発は「ランチの旅」、大牟田駅発は「ディナーの旅」として走行。料理は地元の新鮮な食材をふんだんに使ったオリジナルのコースで、メインディッシュは列車に積み込んだ窯で焼き上げる旬野菜のピザ。6月からは西鉄福岡(天神)駅から太宰府駅へ運行する「ブランチの旅」もスタートします。予約は運行日3か月前の1日午前10時からスタート。なかなか激戦ですが、ぜひチャレンジしてみては?

岡山・広島・愛媛・北海道など…「復興支援の旅」

岡山・広島・愛媛・北海道など…「復興支援の旅」

西日本豪雨や北海道胆振東部地震など大きな災害の多かった2018年。政府の補助金を利用して旅行代金が安くなる“復興割引”などもあり、復興支援のために現地を訪れる人も増えました。割引等が終了しても、復興を応援する気持ちで旅行へ出かけようという流れは今後も継続しそうです。旅をして自分が楽しんで元気になるのと同時に、旅先にもにぎわいや元気をもたらすことができたら素敵ですね。


旅行は計画しているときも楽しいですよね。みなさんは、今年はどこへ出かけたいですか。

取材/文:Emiko Furuya

素敵な暮らしを買うマガジン STYLE LOHACO

LOHACOが提案する、もっとくらしを豊かにする
新しい情報マガジン+ショッピングメディア

TOPへ



[閉じる]