素敵な暮らしを買うマガジン Style LOHACO

2019.7.1

旅行&お出かけ便利帖Vol.28今、密かなブーム!? 魅惑のご当地マンホール

全国どこにでもあるマンホール。近ごろはユニークなデザインのマンホール蓋が増えており、ご当地マンホール蓋を見るためにその地を訪れる人もいるほど。知れば楽しいご当地マンホールの世界へご案内します。

ユニーク&アート! ご当地マンホール蓋

滋賀県のご当地マンホール蓋(淡海環境プラザ)

おなじみマンホールとは、地下の下水管路に点検や保守のために出入りできるように設置された穴のこと。下水道をはじめ、電気・水道・ガスなどさまざまなインフラのために設置されています。ちなみに、私たちは地上から見えている部分だけをマンホールと呼ぶことも多いですが、あの部分は正しくはマンホールの“蓋”にあたります。

デザインマンホール蓋には、おもに地域にちなんだデザインが描かれています。各地の名所・旧跡や特産品からアニメの人気キャラクターや地方のゆるキャラまで、描かれるものは多彩。なかにはQRコードが付いていて街の観光情報ページに飛べるものもあります。

最近は外国人観光客のSNS投稿も増えていますし、マンホール蓋のデザインを使ったグッズも登場しています。また滋賀県草津市の淡海環境プラザには、デザインマンホール蓋のコレクションの展示もあり、多くの人がマンホール蓋のとりこになっているようです。

ご当地マンホールをもっと楽しくする「マンホールカード」

そうはいっても、どこにご当地マンホールがあるかわからない。そんな人にチェックしてほしいのが「マンホールカード」です。

マンホールカードとは?

マンホールカードとは、下水道広報プラットフォーム(GKP)が全国の自治体と共同で制作しているもの。下水道に興味を持ってもらうことを目的に2016年から配布をスタートしたコレクションカードです。

年に3回(4、8、12月ごろ)新たなカードが配布され、これまでに第9弾まで展開。シリーズ累計で407自治体の478種類があり、累計発行枚数はなんと約300万枚にも! 第10弾の配布は2019年8月の予定です。

日本全国を9つの地域に分け、カードの色も違うので、特定の地域をコンプリートするなど楽しみ方もいろいろ。表面には全国各地のマンホール蓋の写真と位置、裏面にはそのデザインの由来が書かれています。

ちなみにマンホールカードは郵送での配布はしておらず現地に行かないともらえません。また、1人1枚限定です。そんな入手のハードルの高さもコレクター心をくすぐります。なお、マンホールカードの配布はなくなり次第終了なので、お出かけ前に在庫を確認することをおすすめします。

マンホールカードを手に街歩き

草津市のマンホールカード(左)と追分道標(右)

マンホールカードは下水道関連施設や観光案内所などで無料配布されています。どんなマンホールカードがあり、どこでもらえるかについては、GKPのサイトで簡単に探せます。配布場所では実際に設置されている場所も教えてもらえるので、まずはカードになっているマンホール蓋を実際に訪れてみては?

たとえば、滋賀県草津市にはマンホールカードが2種類ありますが、いずれも東海道にちなんだデザイン。1種類は東海道と中山道の分岐に建てられた道しるべ「追分道標」で、このマンホール蓋は旧東海道に設置されています。また、マンホール蓋のデザインになっている「追分道標」の実物も見ることができるので、あわせて訪れるのもおすすめ。マンホールカードをきっかけに予定のルートをはずれたり、プラスアルファの観光スポットに立ち寄ったりすることで、旅の楽しさが広がります。

全国各地のご当地マンホール蓋

最後に、全国のご当地マンホール蓋をいくつかご紹介します。

静岡市(静岡県)のマンホール蓋

ⒸS.P

静岡市清水区(旧清水市)は『ちびまる子ちゃん』の原作者さくらももこさんの故郷です。市内2カ所にちびまる子ちゃんデザインのマンホール蓋があり、上の写真は新静岡セノバ前に設置されているマンホール蓋です。もう1つ、JR清水駅に設置された別デザインのマンホール蓋もあり、そちらのデザインはマンホールカードにもなっています。市内には「ちびまる子ちゃんランド」など、ゆかりの観光スポットもあるので、あわせて訪れるのもおすすめ。

倉敷市(岡山県)のマンホール蓋

国産ジーンズ発祥の地である倉敷市児島地区。地元のジーンズメーカーが連なる「児島ジーンズストリート」にあるマンホール蓋は、おしゃれなジーンズ生地のデザインです。オレンジ色のステッチ(縫い目)がデザインのアクセント。色とりどりのジーンズのアーチなどフォトジェニックな街並みの中で、マンホール蓋も格好の撮影スポットになっています。このマンホール蓋はジーンズストリート内に4カ所設置されています。

甲府市(山梨県)のマンホール蓋

甲府市のご当地マンホールは、甲府を代表する歴史的人物「武田信玄」のイラストです。武田家の家紋である「武田菱」、軍旗に書かれたとされる「風林火山」の文字がアクセントになったデザイン。背景のナデシコは甲府市の花です。甲府駅前には武田信玄公之像があり、マンホール蓋もそのすぐ近く。設置は1カ所のみでレアですが、駅前の好立地なので観光のスタートにチェックするのにぴったりです。


ふと下を見て美しいデザインのマンホール蓋を見つけると、「これ何?」と嬉しい驚きがありますよね。ぜひ旅行のときは全国各地のご当地マンホールも楽しんでみてください。

取材/文:Emiko Furuya

バックナンバー「旅行&お出かけ便利帖」

もっとみる

素敵な暮らしを買うマガジン STYLE LOHACO

LOHACOが提案する、もっとくらしを豊かにする
新しい情報マガジン+ショッピングメディア

TOPへ



[閉じる]